高速インターネットが楽しめるフレッツ光へ引越しするメリットは? TOP

このサイトについて

サンプルイメージ

現在のインターネット回線はブロードバンドが主流となっています。このブロードバンドとは広い帯域という意味です。ナローバンドと呼ばれる今までの低速なインターネット回線と違い、高速で大容量のデータ通信が可能となる回線のことです。ブロードバンドになったことで、ナローバンドでは大きな画像を見るのに相当な時間を要してダウンロードしていたことが今でも思い出されます。

それでも画像などを取り込めるようになったこと自体がすばらしく、当時としてはインターネットから配信される情報のほとんどが新鮮なものでした。このブロードバンドには今までの電話回線(メタル=銅線)を、さらに広域で利用できるようにしたADSLが開発されました。これに合わせるようにインターネットプロバイダー料金が従量制から固定制になり、その高速インターネットとともに急速に普及しました。

そして回線が光ファイバーを利用した光回線が登場しました。既存の電話回線(メタル回線)を利用したADSLではその通信速度に限界があり、動画などの高速通信時代を迎え、更に高速な通信が望まれ、ADSLの倍以上の高速通信が行える光ファイバー回線が登場しました。

これは当初回線料金などが高額であったため、大学の研究機関や大手企業などでしか利用されていませんでしたが、そのニーズの高さから一般家庭にも本格的に普及が始まりました。現在では東西NTTが提供するフレッツ光が主流となっており、引越しと同時にADSLから切り替えるユーザーも増えてきています。

    コンテンツ一覧

    おすすめ最新情報

    Copyright(C) 高速インターネットが楽しめるフレッツ光へ引越しするメリットは? All Rights Reserved.